「検知増強」技術とは?

高度測定技術 (ALT) は、垂直水平度と傾斜を長距離かつ迅速に測定するための技術です。 測定は、ビーコン、レーダー、赤外線画像などを使用して実行されます。 特に、環境中の空気中に埋め込まれた受信機が放射された電波を受信することを利用して、多重反射による収束電波の時間差を測定し、方向、距離、および勾配を決定します。

ATL テクノロジーとその使用

高度な検出技術は、特に地上空間の計測技術として利用されており、多重反射を必要としない正確な計測ができるため、空中物体が混同する狭い空間でも非常に正確な計測が可能です。特徴。 道路、橋梁、陸橋、トンネルなどの陸上インフラ、建物、屋根、基礎などの建設、化学物質や鉛などの汚染物質の検出、開発および修復支援など、幅広い用途があります。 多くの異なる技術と比較して、地上空間を高精度に測定できるため、歩行者レーンの現実を検出し、地上車両や UAV をパトロールし、飛行経路の直径を監視するなど、さまざまな機能を備えています。

高度な検知技術:未来を考える

近年、3Dデータの利用はこれまで以上に拡大しており、産業や都市計画業界では、データの効率的な収集と活用が不可欠です。 たとえば、現代の都市計画は完全な地形データから始まり、デザインのモデリングなどを可能にし、快適な生活環境を提供するために持続可能なソリューションが必要です。 高度な検出技術は、これらのニーズを満たす有効なセンサー技術であると考えられており、将来的にはこの機能を拡張して、CAD/CAE 用の 3D 空間モデルを簡単に作成できる技術ネットワークを提供する予定です。 成長し続けるかもしれません。 このように、高度なセンシング技術は、将来の多くのニーズを満たす高精度の機能を提供する可能性を秘めています。