:

生産からサービス志向へ

以前は、製品やグッズを設計して製造することが一般的でした。 消費者の要望に応えなければならない様々な製品が生み出されました。 これは、製品が顧客に付加価値を生み出す主な方法であるという考えに由来します。 しかし、この付加価値の方法は、消費者が情報やテクノロジーに直接アクセスできるようになるデジタル化の進展により、プレッシャーにさらされています。 このデジタル時代を生き抜くために、サービス指向の考え方がますます注目されています。 製品だけでなく、お客様のニーズに焦点を当てることで、付加価値を生み出す方法です。 製品とサービスを結びつけることで、顧客にとっての価値を高めることができます。 考え方を変えるには、多くの場合、衝突が伴います。 組織は生産プロセスに行き詰まり、顧客のニーズを追跡することが困難になる可能性があります。 彼らは、すでに設定したプロセスをやみくもに続ける傾向があります。 企業がサービス中心の考え方を始めるには、顧客のニーズを理解し、それに対応することが重要です。 これらの変化を形作るために、企業はプロセスを適切に評価および調整して、顧客のニーズをより適切に満たす必要があります。 組織が本当にサービス中心の考え方に移行したい場合は、上記のプロセスが適切に保護されていることが重要です。 企業は、品質を向上させ、顧客に付加価値を与えるために、既存のシステムとプロセスを批判的に見直す必要があります。 さらに、製品の製造よりもサービスに重点を置くようにプロセスを修正する必要があります。 製造および設置プロセスは、リモート アクセス ハードウェアを使用した技術管理などのモバイル ソリューションでサポートできます。 これにより、企業は自社の製品やサービスをよりよく理解し、顧客のニーズによりよく適応できるようになります。 戦略をサービス中心の考え方に合わせ、既存のシステムとプロセスを適応させることを選択した組織は、より効率的な運用とより良いサービスで報われます。 したがって、これらの顧客との強力な関係が構築され、より高い利益とより良い評判がもたらされます。 これらの変更を行うことで、同社は引き続き価値のあるサービスを提供し、デジタル化のメリットを享受し続けることができます。