日本の物質文化: それがどこから来たのか見てみましょう

日本には、日韓文化の初期段階にまでさかのぼる豊かな物質文化があります。 1950年代以降、主にアメリカやヨーロッパなどの欧米諸国の影響により、日本の製品に対する外国のスタイルの影響が大幅に増加しました。 多くの日本のデザイナーは、3D プリントや CNC マシンなどの最新技術を使用するだけでなく、伝統的な素材をクリエイティブなプロセスで使用して、独自の製品を作成しています。 新しい素材、方法、芸術形式への欲求は、日本文化において依然として強く、物がどのように作られ、生産され、流通するかに著しい影響を与えています.

伝統的な素材の組み合わせ

日本の物質文化では、アーティストが紙、竹、木、石、織物などのさまざまな素材を組み合わせて独自の作品を作成する伝統的な中国の技術から、ある程度のパターン作成が借用されました. 現代のテクノロジーの出現により、自律的なデザインと装飾は新しい次元を迎えます。 日本人は多くの場合、デザインに複数の素材を組み合わせて独自の効果を生み出し、驚くべき色、質感、模様、美的要素を作り出すことができます.

現代の素材

現代の技術の出現により、多くの日本のデザイナーが布地、プラスチック、アクリル、金属などの新しい素材を導入しました. 現在、多くの日本の芸術作品は、アルミニウム、銅、その他の金属、またはこれらの金属の組み合わせでできており、伝統的な技術と 3D 印刷、光技術、または CNC 機械を組み合わせて複雑な作品を作成しています。 いくつかの日本のブランドは、これらの新しい素材を使用して、ユニークで洗練されたデザインを作成しています。

クールな和風

日本の文化には、他の方法では閉鎖される可能性のある市場を開放するための独自の経済構造がいくつかあります。 各都市には独自のバージョンがありますが、これらの市場のスタイルは、日本の人気を興味深い形で反映しています。 市場の屋台は確かにきちんと整理されており、アート作品のような製品を展示する吊り下げループが、まるでアートのインスタレーションのように設置されています。 目も何かを欲しがっている!

生産工程

高い生産効率を確保するために、一部の日本の資料には、外部処理、データ検証、またはフィードバック収集が必要です。 たとえば、千葉県の矢崎さんは、エネルギー消費を削減するためにセンサーをデバイスに組み込んでいます。 もう 1 つの例は、従来の工場生産ラインでの製品の小型化と高精細化を処理できる、光学スキャナーとパッケージ化された材料での情報の処理です。

包装に使用される材料

パッケージングは​​、製品の鮮度をより長く保ち、製品の第一印象を作ります。 日本のスーパーマーケット、ショップ、レストランでは、消費者をさらに驚かせる最新のパッケージを目にすることさえあります。 革新的な素材が使用されています: 生分解性プラスチックと適合した構造層を備えているため、製品がより長く新鮮に保たれます。

結論

日本では毎日、消費財の生産と包装のためのさまざまな素材を使った新しい試みが行われています。 このおかげで、デザイナーは時の試練に耐えることができる誇り高いユニークな芸術作品を生み出しています。 日本の物質文化が国際的なスタイルの影響を強く受けていることは明らかですが、所有権とアイデンティティの感覚は残っています.