日本の内装视频方法とは?

日本の内装视频法 (JPM) は、材料、技術製品、および建設の品質を確保するために使用される日本の技術です。 この方法は、約50年間日本で非常に人気があります。 JPM は、製品の寿命と性能を改善し、継続的な改善プロセスを実施し、適応型メンテナンスを開始することを目的として、材料と構造の特性に関する知識を構築することを目的としています。 JPMは学際的アプローチの略で、すべての関係者が知識、経験、スキルを使用して問題を解決することに参加します。

それはどのように機能しますか?

この手法の背後にある基本的な考え方は、材料が環境要因に耐えられるかどうかを判断するために使用できるということです。 この目的のために、JPM では、選択、検査、分析の 3 つの異なるステップが区別されます。 選択する際には、使用する材料と技法が特定されます。 次に、技術は、化学組成や微視的特徴などの視覚的および分析的特性について体系的にチェックされます。 最後に、生産市場で問題や遅延が発生しないように、生成されたデータが分析されます。

JPMのメリット

JPM を使用すると、次のような多くの利点が得られます。 – 製品の寿命を延ばします。 – 異常な欠陥を特定して修正できます。 ・設計・製作・施工の品質向上による安全性の向上。 – 材料の優れた熱伝導特性によるエネルギー コストの削減。 – より長持ちするパフォーマンス。 – 故障率が低い。 – 腐食、剥がれ、湿気の影響に対するより良い接着と保護。

JPMの欠如

JPM は品質を確保するための効果的な方法ですが、いくつかの欠点もあります。 – 多くの情報を収集して分析する必要があり、時間とリソースが必要です。 – テクニックが非常に専門的なため、技術的な専門知識のない人には理解できない場合があります。 – 検査技術が異なる可能性があり、不一致のリスクが生じます。

結論

優れた資材管理と製品やサービスの品質に投資しなければ、企業が生き残れないとは想像しがたいです。 したがって、お客様の高まるニーズに対応する必要があります。 これらの技術は、長所と短所があり、業界で確かにその地位を占めていますが、それらを正確かつ十分に適用して、目的の結果を達成しています。