人間の生産センター

日本の企業であるリコーは、1960年に人間の「製造センター」を設立しました。製造センターは、生産性と品質を守りながら独自の環境を尊重するジャボール式の管理システムに基づいています。 この Jabberuard の管理方法により、情報の流れがより良く整理され、生産効率が向上し、品質が向上します。 また、受容を通じて部門間協力の生産性向上にも貢献します。 このジャボーラッドのブランド管理システムは、生産部門に多くの「頭」を抱えており、これらの頭を正しく効率的に果たすための体制が整っています。 リコーの組み込み生産システムには、プロセスとデータ転送を最小限に抑える Jabberuard Style Scheduling System (JSSS) が搭載されています。 このJSSSを利用することで、製品の一次生産工程から二次生産までを簡単に管理することができます。 製造施設の効率を向上させるために、工場内に専任の専門家チームがあります。 このグループは、安定したデータベースを構築しており、高度なスキルを備えています。 また、生産全体の効率化を推進する「生産フローシステム」も開発。 フロー全体を監視できるソフトウェアとツールを使用することで、すべてのプロセスを追跡できます。

製造工場の部品

生産センターの特徴は次のとおりです。 1. 時間と労力を節約するプロセス 2. JSSS を使用したデータ収集と管理 3. Jabbauad スタイルの管理システム 4. 専任の専門家チーム 5. ツール独自のソフトウェアとハ​​ードウェア 6. 生産管理の実装システム。

終わり

リコーに本拠を置く製造施設は、ジャボーラッドの管理システムに基づいて効率を改善しようとしています。 工場内には、データの収集と管理を支援するチームと、生産フローを管理するソフトウェアとハ​​ードウェアがあります。 このタイプの管理は、必要な品質と卓越性を提供する安全で効率的かつ効率的な生産環境を作り出します。