「グローバルな技術環境」

グローバルな技術環境

ますますデジタル化が進む世界は、多くの機会を提供しますが、グローバルにまたがるテクノロジー環境の構築には多くの課題もあります。 グローバルなテクノロジ環境とその中に存在する多くのテクノロジについては、話したいことがたくさんありますが、この記事では、グローバルなテクノロジ環境を確立するために必要な技術的側面に焦点を当てます。

インフラストラクチャー

「グローバルな」技術環境について話すときは、もちろんインフラストラクチャから始めなければなりません。 パソコンや携帯電話が通信できるネットワーク。 この目的のために、テレビ、モバイル通信インフラ、インターネット、衛星ネットワークなどの既存の技術が幅広く組み合わされて使用されることがよくあります。 これらの異なるネットワークは連携してデータを送信し、データとアプリケーションを受信します。

要件

この技術環境を完成させるには、いくつかの重要な要素があります。 ほとんどのシステムでは、テクノロジ プラットフォームを実際に使用する前に、ハードウェア (サーバー、クライアント、ルーター、スイッチなど) やソフトウェア (オペレーティング システム、データベース ソフトウェア、Web サーバーなど) などの要件が必要です。 システムはさまざまな外部システムと頻繁に接触するため、必要なセキュリティも考慮する必要があります。

データトラフィック

技術環境のもう 1 つの重要な側面は、データ トラフィックの処理です。 データ トラフィックは、情報を広めるためのシステム間の通信で構成されます。 これは、最も広く使用されているプロトコルの 1 つである TCP/IP を使用するか、専用のデータ チャネルを使用して実行できます。 また、ローカル接続と国際接続の両方でデータ プロトコルを正しく使用するための要件を知る必要があります。

クラウドコンピューティング

最後に、クラウド コンピューティングは、グローバルなテクノロジ環境を作成する上で重要な要素です。 クラウド コンピューティングとは、仮想化テクノロジを使用して、接続されたさまざまなシステム間でリソース、アプリケーション、およびその他のテクノロジを共有し、ローカル ユーザーだけでなく、世界中のユーザーが同時にそれらをすぐに利用できるようにすることです。

結論

グローバルなテクノロジー環境は、企業や個人に多くの機会を提供します。 クラウドを介して指定された製品、サービス、およびテクノロジーを使用できる場合、企業が必要とする IT インフラストラクチャが少なくて済むため、これらのプラットフォームはその規模とアクセシビリティにより、コストを大幅に削減できます。 システムを複数の場所または国際的に共有および拡張できるため、このテクノロジ環境は、さまざまな要件を使用する複雑なアプリケーションを持つ企業にとって理想的です。